雑学

URLとURIの違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方もチェック

Web関連の書物を見ると、必ずお目にかかるのが『URL』や『URI』という言葉です。

あなたは、『URL』と『URI』の違いを知っていますか?

 

はなこ
この間、Web関連の書物を見ていたら、『URL』と『URI』の2つの言葉が出てきたんだけど、何が違うのか書いてないのよね。
確か、アドレスのことだったかな?

僕もよく知らないんだけど、同じ意味なんじゃないの?

たろう
はなこ
でも、言葉が違うんなら意味も違うんじゃないの?

『URL』と『URI』の違いについて調べてみたいわね。

 

今回は、『URL』と『URI』の違いについて解説し、正しい使い分け方をチェックします。

『URL』と『URI』の違い

まずは、『URL』と『URI』の意味や定義を見てみましょう。

『URL』とは?

Uniform Resource Locatorの略で、インターネット上のリソース(サーバなど)の所在を特定するための文字列

を意味します。

『URL』は、『スキーム名』を先頭に、所在を表す文字列が後に続き、2つの間を ":" で区切ります。

例えば、

http://www.hogehoge.co.jp/index.html

という『URL』は、"http" という『スキーム名』を持ち、"//www.hogehoge.co.jp/index.html" で所在を表しています。

 

『スキーム名』には、httpの他にも次のようなものがあります。

ftp

⇒FTP用の『スキーム名』

mailto

⇒電子メールの宛先を示す『スキーム名』

file

⇒ファイルシステムの中のディレクトリやファイルを示す『スキーム名』

他にも様々なものがありますが、よく見かけるのは、これくらいでしょう。

 

『スキーム名』によって、後ろに続く文字列の書式は変わります。

例えば、mailtoスキームの場合は

mailto:fuga@hogehoge.co.jp

となります。

hogehoge.co.jpに所属するfugaさん

というような意味になりますね。

 

『URL』は、

住む場所を表す『住所』のようなもの

と考えると分かりやすいです。

なので、『URL』を『アドレス』と呼ぶこともあります。

 

『URI』とは?

Uniform Resource Identifierの略で、インターネット上のリソースを表現するための文字列

を意味します。

『URI』には、『URL』と『URN』の2種類が含まれます。

 

『URN』とはUniform Resource Nameの略で、インターネット上のリソースに付けられた固有の名前を表します。

『URL』が『住所』であれば、『URN』は、そこに住む人の『名前』と考えると分かりやすいでしょう。

 

例えば、

urn:isbn:1-2345-6789-0

 

と記述すると、ISBN(書籍のための国際識別コード)が1-2345-6789-0の書籍を表す名前になります。

 

『URL』と『URI』の違い

『URL』と『URI』の主な違いは次のようになります。

『URL』と『URI』の違い

  • 『URL』は、『URI』の一部である。
  • 『URL』は所在だけを表す記号で、『URI』は所在と名前の両方を表す記号を含む。

『URI』には、『URL』と『URN』の2つが含まれます。

よって、『URL』は『URI』の仲間だということになりますね。

また、『URL』は所在を表す記号です。

『URI』には『URL』と『URN』が含まれるので、所在と名前の両方があることになります。

 

はなこ
ちょっとややこしいけど、要するに『URL』は『URI』の仲間だということね。
じゃあ、2つはどうやって使い分ければいいんだろうね?
たろう

 

『URL』と『URI』の使い分け方

『URI』は、『URL』を拡張した概念です。

もともとは『URL』しかなかったのですが、あとから『URN』という概念を追加して『URI』が定義されました。

しかも、『URN』は一般的にはあまり使われない記号です。

なので、

『URL』=『URI』

と考えても、ほとんど間違いはありません。

 

たいていの場合、『URL』という言葉のほうが広く使われています。

ですから、

通常は『URL』という言葉を使っておけば、問題はないでしょう。

『URI』という言葉を使うのは、この記事のように『URI』を説明する時くらいです。

もちろん、『URL』の代わりに『URI』と言っても間違いではありません。

『URL』が『URI』の仲間なのですから、当然ですね。

 

ちなみに、

『URL』は、将来変わる可能性があります。

ただ『URN』は、絶対に変わることのない文字列です。

引っ越しをすれば『住所』が変わりますが、『名前』が変わることはありませんよね。

それと同じ理由です。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『URL』とは、Uniform Resource Locatorの略で、インターネット上のリソース(サーバなど)の所在を特定するための文字列である。
  • 『URI』とは、Uniform Resource Identifierの略で、インターネット上のリソースを表現するための文字列である。
  • 『URL』は、『URI』の一部である
  • 『URL』は所在だけを表す記号で、『URI』は所在と名前の両方を表す記号を含む
  • 『URL』は将来変わる可能性があるが、『URN』は絶対に変わることがない

『URL』と『URI』は厳密には違いますが、ほぼ同じような使い方がされています。

ですから、それほど使い分け方を気にする必要はありません。

ただ、違いについては理解しておいてくださいね。

-雑学

Copyright© 黄金時代 , 2020 All Rights Reserved.