雑学

縮毛矯正とストレートパーマの違いをわかりやすく解説!正しい選び方とは?

あなたは、くせ毛で悩んだりしたことはありますか?

くせ毛をサラサラなストレートヘアにする方法として、『縮毛矯正』や『ストレートパーマ』がよく知られていますよね。

あなたは、『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』の違いを知っていますか?

 

はなこ
友達が、くせ毛に悩んでいるの。

美容室で、『ストレートパーマ』をかけようかと考えているみたい。

くせ毛を治すなら『縮毛矯正』だよ。
たろう
はなこ
『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』は何が違うの?

 

今回は、『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』の違いについて解説し、正しい選び方を見てみましょう。

『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』の違い

『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』はどんなものなのか、まずは確認しておきましょう。

『縮毛矯正』とは?

縮れた髪やくせの強い髪を、直毛の状態に固定する技術

のことです。

くせ毛をストレートな状態に矯正する技術で、一度矯正すれば半永久的にストレートヘアの状態がキープできます。

施術の流れは次のようになります。

『縮毛矯正』の流れ

  1. シャンプー
  2. 1剤塗布
  3. 流し
  4. ドライ
  5. ストレートアイロン
  6. 2剤塗布
  7. 流し
  8. ドライ

1剤とは、髪を柔らかくする効果のある薬剤です。

1剤で髪を柔らかくして、熱処理によってストレートヘアに矯正します。

その後、2剤を使って髪をハリのある状態に戻します。

特徴としては、ストレートアイロンを使って熱処理を行う点です。

 

『ストレートパーマ』とは?

パーマがかかった髪を元の状態に戻す技術

のことです。

本来は、パーマがかかった状態から元に戻す技術ですが、軽いくせ毛ならストレートヘアにすることも可能です。

施術の流れは次のようになります。

『ストレートパーマ』の流れ

  1. シャンプー
  2. 1剤塗布
  3. 流し
  4. 2剤塗布
  5. 流し
  6. ドライ

1剤と2剤を使うのは『縮毛矯正』と変わりません。

『縮毛矯正』とは異なり、熱処理がありませんね。

 

『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』の違い

『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』の主な違いは次のようになります。

『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』の違い

  • 『縮毛矯正』には熱処理が含まれるが、『ストレートパーマ』にはない。
  • 料金は、『縮毛矯正』の方が高い
  • 施術時間は『縮毛矯正』の方が長い
  • くせ毛に施術したときの仕上がりは、『縮毛矯正』の方がよい
  • ストレートヘアが持続する期間は、『縮毛矯正』なら半永久的、『ストレートパーマ』は3ヶ月程度である。
  • 髪への負担は『縮毛矯正』の方が大きい

 

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

施術の違い

『縮毛矯正』の場合、ストレートアイロンによる熱処理が一つ多く入っています。

この違いが、料金や施術時間にも影響します。

『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』の料金や施術時間

縮毛矯正 ストレートパーマ
料金 20,000円~35,000円 6,000円~15,000円
施術時間 120分~150分 60分~90分

 

仕上がり

『縮毛矯正』の場合、熱処理によって髪は完全にストレートな状態になります。

しかし、

『ストレートパーマ』の場合は多少くせ毛の部分は残ります。

元々、『ストレートパーマ』はパーマをかけた髪を元に戻すための技術であり、くせ毛に対して使うものではありません。

ですから、完全なストレートヘアにならないのは仕方がないですね。

 

持続期間

『縮毛矯正』を行うと、髪は半永久的にストレートな状態がキープされます。

当然、髪は定期的に伸びてくるので、いつかは再度『縮毛矯正』をしなければなりません。

髪が伸びる速さは、一ヶ月に1cm程度です。

ですから、頻度は3ヶ月に一度程度が目安になるでしょう。

ただ、その場合は髪の根本部分だけに施術する『リタッチ』を行うことで、髪への負担はできるだけ掛けないようにすることができます。

『ストレートパーマ』では徐々にくせ毛の状態に戻り、持続期間は3ヶ月程度になります。

ですから、『ストレートパーマ』なら3ヶ月に一度、髪全体にかけなおす必要があります。

 

髪へのダメージ

熱処理が入る『縮毛矯正』は、髪へのダメージが『ストレートパーマ』より大きくなります。

髪が弱い人が『縮毛矯正』を行う場合は要注意ですね。

 

はなこ
『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』の違いはなんとなく分かったわ。
あとは、どちらを選択するべきかだね。
たろう

 

『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』正しい選び方は?

『縮毛矯正』と『ストレートパーマ』の正しい選び方について見てみましょう。

まず、

あなたが強いくせ毛に悩んでいて、それをストレートヘアにしたいのであれば、『縮毛矯正』を選びましょう。

強いくせ毛に対しては、『ストレートパーマ』だけでは完全にストレートな状態にはなりません。

しかし、

注意しなければならないのは髪へのダメージです。

髪が弱い人は、美容室のスタッフとよく相談した方がいいですね。

それから、

『縮毛矯正』は完全にストレートな状態にするために、髪のボリュームはダウンします。

髪がペチャンコの状態になるのは避けたいというのなら、『縮毛矯正』はやめたほうがいいですね。

 

くせ毛が強くない人や、一度掛けたパーマを元に戻したい人は『ストレートパーマ』がおすすめです。

また、髪のボリュームをダウンさせたくない人も、『ストレートパーマ』の方がいいでしょう。

 

『縮毛矯正』も『ストレートパーマ』も、それなりの時間と金額がかかるので、できるだけ失敗は避けたいですよね。

あまりにも安い価格帯で施術できるところは、回転率を重視しているためにきちんとした施術をしてくれない場合もあります。

金額が高ければ必ずいいというわけではありませんが、金額の安い美容室というのはあまりおすすめはできません。

できれば、信頼できる美容室を選んで、よく相談した上で施術する方がいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『縮毛矯正』は、縮れた髪やくせの強い髪を、直毛の状態に固定する技術である。
  • 『ストレートパーマ』は、パーマがかかった髪を元の状態に戻す技術である。
  • 『縮毛矯正』には熱処理が含まれるが、『ストレートパーマ』にはない。
  • 料金は、『縮毛矯正』の方が高い
  • 施術時間は『縮毛矯正』の方が長い
  • くせ毛に施術したときの仕上がりは、『縮毛矯正』の方がよい
  • ストレートヘアが持続する期間は、『縮毛矯正』なら半永久的、『ストレートパーマ』は3ヶ月程度である。
  • 髪への負担は『縮毛矯正』の方が大きい

『縮毛矯正』も『ストレートパーマ』も、一度してしまえば元に戻すのは大変です。

よく考えてから行うようにしましょう。

-雑学

Copyright© 黄金時代 , 2020 All Rights Reserved.