電話を使った詐欺

【最新対応】新型コロナ電話詐欺の悪質な手口と撃退・防止対策を解説

2020年に世界中で流行が発生した、新型コロナウイルスによる感染症。

日本でも各地で感染が拡大しましたが、

この混乱に乗じた詐欺が発生しています。

 

給付金詐欺でしょ?

うちはもう申請したから、関係ないな。

いやいや、他にもいろいろな手口があるんだから!

うちにも詐欺電話が来るかもしれないよ!

 

このような詐欺は、電話でコンタクトしてくることが多いです。

被害に遭わないためにも、その手口や撃退方法を知っておきたいですよね。

 

ということで、今回は

  • 電話を使った新型コロナ関連の詐欺の手口
  • 新型コロナ関連の詐欺の撃退・防止対策

について解説します。

ぜひ最後まで読んで、詐欺から身を守ってくださいね!

 

電話を使う新型コロナ詐欺の手口とは?

新型コロナ電話詐欺の手口とは!?

まず、『新型コロナ電話詐欺』や、その手口について、解説します。

 

正しい言い方は、『新型コロナウイルス』『新型コロナウイルス感染症』ですが、この記事では、一般的に使われている『新型コロナ』としています。

新型コロナ電話詐欺について

まず、『新型コロナ電話詐欺』について、解説します。

 

『新型コロナ電話詐欺』は、特殊詐欺のうち、

新型コロナの流行に乗じて行われる、電話を使った詐欺のことです。

メモ

このブログでは、わかりやすくするため、このように呼んでいますが、公的に認められた呼び方ではありません。

 

新型コロナ電話詐欺には、

  • 給付金申請や助成金制度などに絡める
  • 新型コロナに関係した融資や貸し付けなどを騙る
  • 公的機関や業者などになりすまして、新型コロナの対応や対策を騙る
  • 『オレオレ詐欺』に、新型コロナのトピックを絡める

といった手口があります。

また、個人情報を集める目的と思われる不審電話も、多数発生しています。

 

この詐欺によって、2020年3月下旬から5月末までで、4,028万円もの被害が出ています。

中には、1,000万円のお金をだまし取られたケースもあり、警戒が必要です。

給付金申請や助成金などに絡める手口

新型コロナでは、多くの人が経済的な打撃を受けています。

それに対して、国や自治体で給付金や助成金などを出していますが、

そういった給付金、助成金などの制度に便乗した詐欺が横行しています。

 

こうした詐欺の手口には、大きく分けて

  • 国や自治体の職員を騙る手口
  • 国や行政などに委託された業者や団体を名乗る手口

があります。

 

そして、

  • キャッシュカードなどをだまし取る
  • 口座番号や暗証番号を聞き出す
  • ATMを操作させて、お金を振り込ませる

というように、お金を奪い取ってしまうのです。

 

では、それぞれの手口について、実際にあった詐欺電話や不審電話を見ていきましょう。

国や自治体の職員を騙る詐欺

国や自治体の職員を名乗る詐欺や不審電話の手口には、以下に紹介する手口があります。

キャッシュカードと暗証番号をだまし取るケース

市区町村などの職員を名乗って電話をかけ、

給付金を振り込むのに必要なので、キャッシュカードと暗証番号を用意しておいてください。

後ほど職員が訪問するので、カードと暗証番号を封筒に入れて渡してください。

と指示をし、その後、職員になりすました詐欺師が、キャッシュカードと暗証番号を受け取りに訪問してきた。

『職員が家を訪問しに行く』という不審電話

市区町村の『新型コロナ対策本部』の職員を名乗る人から、

職員が給付金申請の書類を持って、家に伺います。

という電話があった。

ATMでの給付金申請を勧めてきた不審電話

市区町村の職員を名乗る人から、

新型コロナの給付金の申請を、ATMで手続きできます。

という電話が来た。

『子どもに助成金が出る』という不審電話

市区町村の新型コロナ対策室を名乗る人から、

子ども1人当たり3万円の助成金が出ます。

振り込むために、キャッシュカード番号か銀行口座の番号を教えてください。

という電話がかかってきた。

厚生労働省を騙った不審電話

事業所に、厚生労働省の職員を名乗る人から電話があり、

国から、社員1人あたり50万円の助成金が出ます。

という話をされた。

給付金申請代行業者を騙る詐欺

新型コロナの給付金絡みの詐欺には、給付金代行業者を名乗る手口もあります。

『給付金の代行サービスをしている』『国から申請代行の委託を受けた』

などと言って、騙そうとしてきます。

 

でも、『国が業者に、1人当たり10万円の給付金の代理申請業務を委託する』ということは、ありません。

 

事例を見ていきましょう。

『給付金がもらえないかもしれない』と脅して申請代行させようとするケース

電話がかかってきて、

国からの給付金の申請代行をしています。

マイナンバーカードでの申請は入金が早いですが、今からカードを作ると1カ月かかるので、給付金がもらえなくなる可能性があります。

でも、申請代行を利用すれば、より早く給付を受けられますよ。

ただし、手続きには2~3万円の手数料がかかります。

という電話がかかってきた。

『手続きが複雑になる』と申請代行をさせようとするケース

『国から代理申請業務を委託されている業者』と名乗る人から電話があった。

マイナンバーカードを持っているか聞かれたので、持っていないと答えると

マイナンバーカードを持っていない人は、給付金の手続きが複雑になります。

こちらは、団体名は決まっていませんが、国から代理申請業務を委託されている団体です。

氏名や住所、電話番号、銀行口座を教えていただき、手数料を払っていただければ、給付金を早く受けられます。

という話をされた。

 

筆者は、マイナンバーカードを使わずに申請しましたが、手続きはそんなに複雑ではありませんでした。

自分で申請できますし、わからない時は役所に聞けば、教えてもらえます。

音声ガイダンスを利用しているケース

電話がかかってきたので取ったら

一律10万円の給付金の、申請代行サービスをしています。

という音声ガイダンスが流れた。

 

音声ガイダンスなら、詐欺なんかできないんじゃない?

でも、生年月日や家族の人数など、個人情報や家庭の情報を引き出すことはできます。

そして、そうやって得た情報を元にして、詐欺の作戦を練るのです。

ですから、音声ガイダンスであっても、決して甘く見ることはできません!

融資や貸し付けを持ちかける手口

新型コロナの感染拡大によって、多くの企業が打撃を受けています。

詐欺師は、そんな企業の窮状も狙っていて、

融資や貸し付けを持ちかけ、『保証金』などの名目でお金をだまし取るのです。

 

このような手口では、

事前に、ファックスなどで融資や貸し付けについてのチラシを送ってくることもあります。

困っている会社に融資を持ちかけるケース

会社員を名乗る人が

新型コロナで困っている会社に、500万~3,000万円の融資をします。

という電話をかけてきた。

自営業の人をターゲットにして融資を持ちかけるケース

自営業の人をターゲットにして

新型コロナの影響で資金が必要になった事業者に、緊急に特別な融資・貸し付けをしますよ。

と持ちかける電話があった。

公的機関や業者などになりすます手口

公的機関になりすますのは、給付金絡みの詐欺だけではありません。

新型コロナ対策として、消毒などの作業を持ちかける詐欺もあります。

作業費としてお金を要求する手口です。

 

また、

  • 電力会社などの業者になりすましてアポ電と思われる電話をかけてくる
  • 業者が商品を売りつけてくる

という手口もあります。

水道局や水道会社になりすますケース

水道局や水道会社を名乗って、

水道管に新型コロナウイルスが付着しているので、除去する必要があります。

という電話がかかってきた。

浄水器を売りつけようとしたケース

浄水器メーカーを名乗って電話をしてきて、

これまでの浄水器では、新型コロナを防ぐことができない。

このままでは感染しますよ。

と脅して、浄水器を買わせようとした。

病院関係者を名乗る不審電話

病院関係者を名乗って

こちらの病院に、お宅の〇〇さん(家族)が入院しました。

と連絡してきた。

 

これは、入院費などとして、お金を振り込ませたりするのでしょう。

電力会社を名乗る電話

電力会社を名乗る人から、

1カ月間、電気代が無料になります。

そのための書類に印鑑が必要なので、印鑑を押してもらうために伺います。

というアポ電と思われる電話があった。

『オレオレ詐欺』に新型コロナの流行を絡める手口

電話を使う詐欺といえば『オレオレ詐欺』が有名です。

『オレオレ詐欺』にも、新型コロナの話を絡めた手口が登場しています。

 

たとえば、家族や親戚などを装って

  • 『新型コロナにかかってしまった』
  • 『新型コロナの影響で経営が苦しいから、お金を貸してほしい』

といった電話をしてくる手口です。

 

さらに、従来のオレオレ詐欺に

『新型コロナの影響で、会社の経営が厳しくなっている』

など、新型コロナに関わる話を絡めるケースもあります。

 

かなりいろいろなバリエーションがあるので、多めに事例を見ておきましょう。

『新型コロナにかかってしまった』という手口

子どもや孫になりすまして、

体調が悪くて、新型コロナの検査をすることになった。

結果が出たら、また知らせるね。

と電話をしておき、その後

新型コロナだったので、治療にお金がかかる。

と言って、お金を要求する電話をしてきた。

『経営が苦しいから助けてほしい』と騙る手口

会社経営をしている知人のふりをした人が、

新型コロナの影響で経営が苦しくなってしまった。

お金を貸してもらえませんか。

と電話をしてきた。

新型コロナ関係の仕事のミスの埋め合わせを騙る手口

家族を騙って

新型コロナの感染防止に関わる仕事をしていて、重要な書類をなくしてしまった。

その失敗を埋め合わせるためにお金が必要になったので、お金を出してほしい。

と電話をしてきて、お金を振り込ませようとした。

借金の肩代わりを騙る手口

息子を装った人から

友人の借金の保証人になったのだが、その友人が新型コロナにかかってしまい、借金を肩代わりしなければならなくなってしまった。

という電話がかかってきた。

『新型コロナの影響』を持ち出す手口

息子になりすまして、

新型コロナの影響で仮想通貨が下落するから、解約することにした。

お金が入るから、振り込むよ。

と電話をしてきた。

その後、

未納の税金があることがわかって、修正申告をしなければならなくなった。

お金を出してほしい。

と再び電話があり、弁護士と名乗る人物が現金を受け取りに来た。

マスクや消毒液の購入を持ちかける手口

知人を装って

マスクの在庫があるから、買わない?

消毒液が手に入ったから、1万円払ってくれれば届けに行きますよ。

などと購入を持ちかける電話があった。

『銀行が封鎖される』という不審電話

親戚を名乗る人から、

新型コロナの影響で、銀行が封鎖される。

お金をおろして、家にお金を置いておいた方が良い。

という電話があった。

 

不審電話の中には、『お金を払って欲しい』という話ではないケースもあります。

でも、後で盗みに入ったりする予兆電話の可能性があるので、要注意です。

個人情報を聞き出そうとする不審電話

新型コロナに関わる話を利用して、個人情報を聞き出そうとする不審な電話も発生しています。

直接お金の話をしなかったとしても、

個人情報や家族構成、健康状態などを聞き出すことで、詐欺を行うための情報収集をしている可能性があります。

十分な警戒が必要です。

高齢者への注意喚起を装った不振電話

市役所職員を名乗る人から

新型コロナが流行しているので、高齢者に注意喚起の電話をしている。

という電話があった。

警察や消防を名乗った不審電話

警察や消防を名乗って、

マスク(トイレットペーパー、消毒液などのケースもあり)を配布するので、家族の人数を教えてください。

という電話があった。

PCR検査に絡めた不審電話

厚生労働省や保健所を名乗って電話をかけてきて、

マスクとPCR検査キットを送ります。

PCR検査費用を肩代わりするので、検査を受けてください

などと言い、個人情報や家族構成、かかりつけ病院などを聞き出そうとしてきた。

詐欺や不審電話以外の、注意が必要な電話

新型コロナに関連してかかってくる電話で注意が必要なのは、詐欺電話だけではありません。

 

たとえば、休校の時などは、

『家にいるのが子どもだけかどうか』を確認するために電話をかけて来る犯罪者がいます。

子どもだけなら、犯罪を行いやすいからです。

 

また、この機に乗じた悪徳商法からの電話もあります。

『今なら儲かる』などと言って、投資を持ちかけてくるのです。

 

さらに、新型コロナの流行を信者獲得に利用しようとする宗教団体もあります。

もちろん、宗教団体のすべてが悪いわけではありません。

真摯に信仰生活をして、幸せな人生を送る人も、たくさんいます。

でも、中にはいわゆる『カルト』と言われる団体もあるので、注意が必要です。

 

多くの人が不安になる出来事が起きる時には、電話にも注意しなければなりません。

 

新型コロナ電話詐欺の撃退・防止対策は?

新型コロナ詐欺を防ぐにはどうしたらいい?

ここからは、新型コロナ電話詐欺を撃退する方法や防止する方法について、解説します。

 

このような詐欺を撃退するには

  • 詐欺電話そのものをシャットアウトする
  • 万が一電話を受けた時のために、詐欺と見抜く方法を知っておく
  • 自分だけで対応しようとしない

ということが大切です。

詐欺電話をシャットアウトする対策

『詐欺電話を受けないようにする』

これは最も確実な、電話詐欺の防止対策です。

詐欺師が、どんなに巧妙に手口を練っても、ターゲットと接触できなければ、騙しようがありません。

 

それには、

  • 防犯機能の付いた電話機を使う
  • 詐欺対策電話装置を使う
  • 留守番電話機能や、番号表示機能を活用する

という防犯対策があります。

防犯機能付き電話機を使う

詐欺電話をシャットアウトするのに、最もおすすめなのが、

『防犯機能付き電話機』を使う

ということです。

 

『防犯機能』とは、どういう機能かというと、

  • 通話の録音
  • 電話をかけてきた相手に『この通話は録音されます』などのメッセージを流す
  • 迷惑電話防止

といった機能です。

 

機種によっては、いろいろな防犯機能がありますし、警察と連携して開発された電話機もあります。

詐欺対策電話装置を使う

『家の電話に防犯機能が付いていないし、まだ使えるから、買い替えるのももったいない』

という時に使えるのが、

外付けの『詐欺対策電話装置』

です。

 

これは、詐欺防止対策機能が付いていない、普通の電話機につないで使える機器です。

防犯機能付きの電話と同じように、

  • 通話の録音
  • 『通話を録音する』という相手へのメッセージを流す

などの機能があります。

 

さらに、機種によっては

緊急時には、登録した電話番号にワンプッシュで電話をかけられる

という機能もあります。

 

電話機を買い換えられない、買い替えたくないという人には、おすすめですよ!

留守番電話機能や番号表示機能を活用!

留守番電話機能を活用して、詐欺電話を防止する方法もあります。

 

常時留守番電話にしておき、相手のメッセージを確認してから電話をかけなおす

という方法です。

 

また、知り合いの番号を電話機の電話帳に登録しておいて、

  • 相手を確認してから電話に出る
  • 知らない番号からの電話はすぐに取らず、電話番号を調べて必要があれば折り返す

とするのも、良い対策ですよ!

携帯電話・スマホの場合は?

ここまでに紹介したのは固定電話の場合ですが、

携帯電話やスマホでも、詐欺防止の対策方法はあります。

 

  • 迷惑電話をブロックするアプリなどを入れる
  • 非通知着信拒否の設定をする
  • 知らない番号からの電話は絶対に取らず、番号やメッセージを確認してから折り返す

という方法です。

 

ただし、アプリを入れる時にも、安全性をよく確認してくださいね。

怪しい電話を見極めるポイント

新型コロナ電話詐欺撃退のために知っておきたいのが、『怪しい電話を見極めるポイント』

 

どんな電話を疑うべきかというと

  • 厚生労働省や市区町村役所、保健所などの、公的な機関からの電話
  • 業者や知らない人からの電話で、新型コロナ関係の話が出た場合
  • 家族や親せき、友人知人を名乗って『新型コロナ』と『何らかのトラブル』、『マスクなどの手に入りにくい物』、『お金』に関する話が出た場合

です。

行政や公的機関が電話をかけることは、まずない

必ず覚えておきたいのが、

国の省庁や市区町村役所、保健所などの行政機関が何かの案内で電話をかけてくることはない

ということです。

 

行政の職員などを名乗られると、それだけで信用できる気がしますよね。

でも、1軒1軒に電話連絡をしていたら、膨大な時間と手間がかかってしまいます。

ですから、何かお知らせがあれば、必ず書面などで来るはずです。

 

ましてや、電話で口座番号や暗証番号を聞くことは、絶対にありえません。

手続きは、必ず書面で行いますし、暗証番号は振り込む人には必要ありません。

知らない人からの新型コロナの話は疑ってかかる

もう1つ大事なポイントは、

突然かかってきた知らない人や、業者からの電話で『新型コロナ』に関する話題が出たら、詐欺を疑う

ということ。

 

具体的には

  • 新型コロナに関する給付金の申請代行や、申請方法についての話
  • 新型コロナ関係の、特別な貸し付けや融資の話
  • 新型コロナを除去できる、予防できるなどとうたう商品やサービス、消毒作業などの話
  • 新型コロナの影響で利益が出るという、株や金など

といった話題です。

 

なお、

  • 融資や貸し付けを受けたい
  • 給付金の申請代行をしてほしい
  • 申請の仕方がわからない

といった場合は、まず自治体の役所に相談してください。

突然電話をしてきた知らない人に頼むことではありません!

こんなキーワードが出たら詐欺を疑おう!

ここまでに紹介した他にも、このようなキーワードが出てきたら、詐欺を疑いましょう。

  • 『ATMで受け取れる』
  • 『口座番号を教えて』
  • 『キャッシュカードが必要』『暗証番号が必要』
  • 『トラブルでお金が必要』

これは、電話を使った詐欺を見抜く、基本的なキーワードです。

その電話が本物かどうか確認する

もし行政や業者などから電話がかかってきたら、

必ず着信番号で検索して、本物の機関や業者からの電話かどうか確認してください。

 

『そこまでしなくていいんじゃない?』と思うかもしれませんが、それくらい警戒しても、ちょうどいいくらいです。

本物とわかれば、安心できますからね。

 

そしてもし、ニセものの電話だったら

  • 警察署
  • 消費生活センター

などに『こういう電話があった』と連絡しておきましょう。

また来たらどうしたら良いかも相談できますし、他の人の被害を防ぐ一助にもなりますよ!

1人で判断せず、必ず誰かに相談を!

万が一、詐欺師の話を聞いて

『大変だ!』『早くしなきゃ!』『頼んでみようかな』などと思った時こそ、必ず誰かに相談して下さい。

これは、詐欺被害を防ぐためにとても大事な対処法です。

 

詐欺師は

  • 大変な話を聞くと慌てる
  • 『早くしないと対処できなくなる』と急がされると判断力が落ちる
  • 『周りに迷惑を掛けたくない』と1人でなんとかしようとする
  • 家族の窮状をなんとかしたいと思う
  • 健康を守りたいと思う
  • 経済的に苦しい時に、どうにかしてお金を工面したいと思う

といった、誰にでもある心理を利用します。

ターゲットに、落ち着いて考える余裕を与えないように、次々に電話をかけてきたりもします。

 

でも、誰かに話すことで怪しいポイントを見つけやすくなりますし、話した相手に『それって詐欺じゃない?』と言ってもらえる可能性も増えます。

 

最も確実な相談相手は

  • 消費生活センター(電話番号:188)
  • 最寄りの警察

ですよ!

 

まとめ

新型コロナ電話詐欺には

  • 給付金や、その申請に絡めた手口
  • 新型コロナで影響を受けた企業などへの融資を騙る手口
  • 公的機関の人や業者などを騙って、『新型コロナの対応をする』と持ちかける詐欺
  • 新型コロナのトピックを絡めた『オレオレ詐欺』

などがあります。

また、新型コロナを絡めて、個人情報や家族構成、健康状態などを聞き出す不審電話も発生しています。

 

この詐欺電話を防ぐには、知識だけでは対策は難しいです。

電話機そのものの対策がとても重要になります。

  • 防犯機能の付いた電話機を使う
  • 電話機に外付けできる詐欺対策電話装置を使う
  • 留守番電話機能を活用する
  • スマホにアプリを入れる

といった対策を、ぜひ実行してください。

 

新型コロナの流行で、不安も多くなった、このご時世。

せめて家の電話のことくらいは、安心して過ごしたいですね。

Copyright © イエデン強化計画, 2017~2020 All Rights Reserved